良質な住宅を購入し生活パターンの変化に対応してリフォームを施し長く住みたいものです

住宅に関しては、持ち家派も居られますし、賃貸派も居られます。また、持ち家派でも一戸建て派とマンション派に分かれます。

それぞれの人の生活パターンや人生設計によって、こうした違いが生じるのですが、やはり一戸建ては建物が古くなって価値がなくなっても、土地の価値が残り、なおかつ建て替えや売却などの自由度がマンションよりも高い事で依然として人気があるのです。

バブルの頃の様に土地神話は無くなっているとは言え、やはり日本人は土地の所有に執着があるのです。また、日本人は外国人に比べて新築に対する拘りも強いと言われています。もちろん、中古住宅よりも新築の方が綺麗で気持ち良いものですが、木造住宅の耐久性を上げ、リフォームやリノベーションによって、長く活用する事を考える必要性が言われています。

こうした背景の中で、建売住宅にしろ、注文住宅にしろ、躯体部分の強度や耐久性が高められ、昔に比べて遥かに良質な住宅が供給されるようになりました。

やはり住宅は多くの人にとっては一生に一度の大きな買い物であり、良質な住宅を購入し、生活パターンの変化に対応してリフォームを施し、長く住みたいものですネ。